医療・介護、女性の多い職場の就業規則の作成・改定・コンサルティングなら就業規則ラボにお任せ下さい。

熊本で勤怠・入退社・賃金未払い・不当解雇・セクハラ・パワハラ・等の労務問題、労務トラブルを抱えているクリニックの院長先生・労務管理担当者へ

医療・介護の現場に精通した社労士事務所だからこそできるサポートで、リスク管理&経営サポートを行います。単なるルールブック作成ではなく、トラブルを未然に防ぎ、経営者にも、従業員にもメリットのある就業規則をご提案します。

人が主役の現場だからこそ、メリットのある就業規則を。

医療・介護系の労務トラブルに精通 顧問先の半数以上が医療・介護系様々なケースに応じた実績と対処ノウハウ

No!雛形宣言 ひな形ではなく、十分なヒアリングを通して価値あるオリジナルの就業規則をご提案

作成後の周知までしっかりサポート 周知できなければ意味がない!ルールブック作成や勉強会などを通して作成後も周知までしっかりサポート

医療介護の労務管理を向上 『医療・介護編 職場の難問Q&A』

あなたの就業規則は大丈夫?医療・介護でのよくある労務トラブルベスト5

あなたの職場はいかがですか?
もしこのようなトラブルが多い場合は就業規則の見直しが必要かも知れません。

  1. No1 うつ病で会社を休む社員続出!!どう対応すればいい?
  2. No2 「明日から会社に来なくてもいい!!」とつい言ってしまった!!
  3. No3 従業員と給与に関するトラブルが頻繁に起こる!!
  4. No4 社員が勝手に残業してるけど・・・残業代を払わないといけないの?
  5. No5 社員が入社したと思ったらすぐ退社。社員を定着させるにはどうしたらいい??

医療機関や介護・福祉施設では、その激務ゆえの労務面でのトラブルや離職率が深刻な問題となっています。

組織改革が求められる中で、職員の意識・モチベーション・技術が上がらない問題や、管理職のマネジメントの稚拙さなどの問題となっているようです。

これらの労務トラブルを防ぎつつ、社員の意識やモチベーション向上させるカギとなるのが「就業規則」です。

勤怠、入退社、賃金未払い、セクハラ、パワハラなどすでに労務トラブルをなんとかしたい、今後の起こりうる労務トラブルを防ぎ、リスク回避をしたい方へ。就業規則の作成や改定を考えてみませんか?

医療機関を守る就業規則…(安心、明るい職場づくりのための道しるべ)

サービスのご案内

  • 医療・介護のための就業規則作成・改定
  • 職員に周知徹底・ルールブック作成
  • トータルパック 就業規則+ルールブック

お問い合わせはこちら

クロスフィールズ人財研究所
社会保険労務士 AFP 三浦修
〒862-0969 熊本市良町2丁目8-8 田迎ビル101
TEL 096-334-3337 / FAX 096-202-1948
Email info@syugyokisoku-labo.jp
営業時間 9時~17時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab